街のまんなか日曜市 20190428@松山中央卸売市場

4/28(日)は、紫の以前の職場の友人の縁で、中央卸売り市場の「街のまんなか日曜市」演奏させていただきました。
何を演奏しようかなぁ、平成最後の日曜日かぁ。中央市場って生花の市もあるんだなぁ、って考えている時、ラジオで、平成の歌ランキングをやっていまして。。。

突然、紫は「どうしても今回だけは、SMAPの”世界にひとつだけの花”を唄いたい!それも聞いてくださっている方と一緒に歌えたら最高!」って思ってしまいました!
ムックが「それなら歌詞カードを配る?」って言い出して、ふと思いついたことが。。

「花摘み」活動ってみなさん知ってます?Smapの解散が辛すぎて(´;ω;`)私も少しだけ参加したんですけど。。。
とにかくSmapファンの方の多くが複数枚もっているシングルCDを提供してもらうことができました。それもなんと100枚近くも。。
当日、このCDを現場にいらっしゃった方にお配りして歌詞カードとして使っていただき(100人一緒にとはいかなかったけれども)一緒に歌っていただけました。嬉しかった!!
それと、今回、初めてドラムを十時さんにお願いしました。スタジオ練習もなにもかも楽しかったぁ♪
なにもかも急に決まって数日で準備したSolaの平成最後のライブは、思い出深い、いろんな学びのあるものとなりました。

      ***セットリスト***
・A thousand miles /Vanessa Carlton
・man in the mirror /MichaelJackson
・なんでもないや /Radwimps
・ユリノキ /Sola
・虹になろう /Sola
・世界にひとつだけの花 /SMAP

A Thousand Miles /Vanessa Carlton (2002)

A Thousand Miles /Vanessa Carlton (2002)
サウザントマイルズ/バネッサカールトン

紫が、ずっと「いつかカバー曲をするならまず、この曲」って思ってた曲の一つです。Solaでカバーやろうってなってすぐ取り組み始めました。歌いこなすだけでも、私には相当難しいのがわかってましたから。

イントロのピアノのパッセージが印象的で、バッハのインベンションのようです。曲を通じて、リズムと歌と和音の絡みが非常に美しく、ポップスでここまで完成度の高い曲はあまりないのではないかと(勝手に)思っています

どんなことをしても再び近づくことはない距離、
胸にあふれてどうしようもない
厳然としてここにあり
決して否定することはできない悲しみ。。。。
それが、曲が終わるころには、
美しい結晶になって空に溶け、日常に紛れて、
明日を生きていけるようになる。。。

そんな気がします。

私が初めて聴いた通常版のアレンジは、ドラムとストリングスが前に出たものでした。弾き語りのバージョンも良く聴かれています。両方とも好きです。

ところで。。。
バネッサは美しい声と非常に高いスキルを持つ歌手だと思うのですが、聴いていると不思議にどこか不安定なのも魅力です。「少女のような無垢さを感じる声」と書かれていることも多いですが。どうでしょうか。。
とにかく、曲全体から「結晶」を感じる完成度の高さに対し、歌唱は、一歩引いて淡々とちょっと投げやりに?に感じられるのです。このアンバランスが、深みというか一瞬ゾッとするようなスパイスになっている気もします。
バネッサの歌で好きなもう一曲、Ordinary Dayにはそれがもっと顕著で、シンプルすぎる曲の始まりのピアノの一音に歌が初めて重なる、和音の使い方に彼女らしい複雑さを感じます。

さてさて、この曲をカバーしようとした頃、ワンオクのカバーをネットで発見して感動しました。はっきり言って原曲より数段良いです。
takaの歌唱の素晴らしさとアレンジの良さに萌え転がり、
アマゾンでグロッケンを注文しそうになるところを思いとどまり、
バネッサの歌の雑さの不思議に思いをはせたりしました。

Solaでのカバーは今も発展途上です。歌もピアノもバンドとのアンサンブルまだまだ課題がありますが、演奏するたびに悲しみが空に溶け癒されるような気持になって、幸せです。

 

 

Flying Valentine chocolate Live Vol2 (2019/2/11 @Owl)

 2019.2.11 さくらプロデュースさんの企画
Flying Valentine chocolate Live Vol2
に参加しました。

Solaは、大阪からドラムのルー君も帰ってきての珍しい4Sola。

いろいろと準備不足で、ミスも多く反省点も一杯ありますが、なによりも心から楽しかった。難曲でなかなかまとまらない「なんでもないや」も、やっと雰囲気が出てきたかな、ってところです。カバー曲は、練習も本番も演奏するたびに新たな発見があります。

2曲のオリジナルにはお客様を迎えて。

「ユリノキ」にシングアウトの隅田マスターにSAXをお願いしました。
 もともと、ユリノキは、アレンジが決まったころから、間奏部分にSAXソロを想定していたのですが、実現できずずっとSaxに合わせているイメージのオブリガートだけを歌ってきました。今回初めてSaxの音を重ねられて本当に嬉しかった。隅田さんの自由で広がりのある演奏、本当にありがとうございました。

また、「虹になろう」には本日2番目の出演者である川村友里之さんにコーラスに入っていただきました。友里之さんの済んだ月のようでいて情念を感じる個性的な美しい声を合わせることができて幸せでした。友里之さんの声を聞いているとまた違うアレンジも浮かんだりして。。。また今後も一緒に歌える機会があったら嬉しく思います。

壁全体に貼られたチョコや楽しい司会、本当に楽しめた心のあったまるライブでした。久しぶりに会う昔ながらの友達もきてくれて、音楽やってて良かったなってこころから思えました。

皆さんとはなしていると、ことしやってみたいことが色々浮かんでワクワクしています。これからもよろしくお願いしまーす💖

*************   Sola setlist   *************

A Thousand Miles

Man In the Mirror

なんでもないや

ユリノキ

虹になろう

2019年始まりました

あけましておめでとうございます。2019年が始まりました。

今年はどんな年になるでしょうか。平成が終わって新しく始まる年でもあります。なんだか社会的にも節目の年になりそうですよね。

昨年はSolaで過ごしてきた時間の長さってのを、改めて実感したわけなんですが。。だって、みんな昭和生まれ、平成になって結構すぐに活動開始して、今年はまた次の年号に変わっちゃう。。いやー。

とはいえ、Solaの活動は結局かわらずマイペース。月に1-2回のスタジオを中心に、ライブ活動も続けていけたらなって思います。

まずは目標!

作りかけの曲を完成させる!

あとすこしの”青の形”、歌詞が全く進まない”足音”他あと去年生まれた曲。これらの曲を、仕上げられたらいいなって思います。それには歌詞!歌詞をはやく固めないと。。

季節は、あと少しすると、一年で最も寒い時期に入ります。この一番寒いころに、土や茎や枝の中で、植物達は小さな芽を吹いてるんですよね。厳しい寒さが、なぜか新しい芽を作ること。。ほんとに不思議。そんな風に吹いた芽があったとしたら、今年はすこしでも伸ばせたらいいなぁ

 

2018年 年末です

2018が終わります。今年はほんとに充実した一年でした。

12月は

12/16 さくらプロデュース忘年会@スタジオOWL

12/22 凸凹舎忘年会

に参加。どちらもすごい盛り上がり。ご飯もおいしくて一杯食べちゃいました。音楽を通じてつながれた方とこうやって、年末の時間を過ごせるのほんとにいいものです。2018が始まったころは、こんな年末を過ごしてるなんて想像してなかったなって思いました。

12/16 さくらプロデュース忘年会@OWL

12/22 凸凹舎忘年会

12/15凸凹舎

(紫ソロに挑戦!)

11月24日 凸凹舎フリーライブ

2018/11/24 凸凹舎さんのフリーライブに参加しました。

ここんところカバー曲を楽しみがちなSolaですが、この日は初めて2曲演奏してみました。やっぱり練習不足は否めず。。せっかくゲストとして迎えていただいたのにちょっと悔いの残る内容だったかな。。という感想ですが、これに懲りずいい音だせるように続けていきたいなって思います。

この日は、良平さんとあべちゃんのユニットの演奏がとっても素晴らしかったのが心に残りました。それと。。。前々からぜひぜひ食べてみたかった、キャラメルチーズケーキ。。想像以上の絶品でした。一挙に食べてしまいそうになるところ、必死で我慢しつつ、ちょっとづつちょっとづつ食べました。最後の一口食べきるのがもったいないおいしさでした

凸凹舎さんでおいしいコーヒーとケーキを食べて音を楽しむ時間。。いいです。。

ーーSOLAの今日のセットリストーー

・なんでもないや
・奏
・やさしさに包まれたなら
・三度目のメリークリスマス
・Turn

奏 /スキマスイッチ

Solaでカバー曲なにやる?って言い始めた一番最初に練習始めた曲の一つです。あんまり初めにやったんで、最近まで練習してることを忘れていたぐらい。

奏は確かとらさんが言い出して、紫もすぐいいね!って思った曲。スキマスイッチは、毎年欠かさず見ている小田和正さんの「クリスマスの約束」の常連さんで、私たちより少しだけ?(;^ω^)若い世代ですねっ。

スキマ、はっきり言って大好きです。Jpopの大道を行く名曲を当たり前のように作れるユニット。どの曲を聴いても、作りが非常にしっかりしていて聴きごたえがあります。転調の持って行き方などのコード進行も時々うなるし、生のストリングスを多用したアレンジが厚くて好きです。でもそれでいて親しみやすい。かといってどんどん変化もしていく面もすごくあるユニットで凄いです。(同意されないことが多いですが)男っぽい!ってのが私の印象です。

さて、奏cover作業しながらどうしてもこだわっちゃったのが以下2点です

  • 大橋トリル完コピ
  • 常田さんのピアノアレンジ絶対外せないとこ

スキマの大橋さんの歌。。可愛い目と鼻にかかった優しい声と美しいメロディで、意外と男っぽいのが特徴かな。しかししかし、なんといってもトリル!多用するちょっとした揺らしが魅力的で色っぽいんです。
世にたくさんある歌のほとんどの場合、こういう揺らしは、個人的なフレージングなので、モノマネでもしない限り、カバーするときはそこまでこだわらなくてもいいかなって思うんですがでも、大橋トリルは、真似ないと雰囲気が出ないっていうか、フレージングがうまくいかないんですね。なんで、大橋トリルは楽譜に書かれたギザギザと同じように考えて歌詞にメモして完コピ!楽しかった!

それとです。この曲は、ストリングスが厚いフルアレンジも、常田さんのピアノ一本のバージョンもどちらいいです。でもSolaでアコースティックで演奏できる形にするのにはやっぱりフルアレンジのものを聴いていきました。まぁ大体の場合、メンバーが適当に自分のパート適当に作ってくるってだけで合わせてみるんですけども。

紫が奏をカバーするのにあたって、時々聴こえてくるピアノフレーズで、どうしても欲しい!抜きたくない。それもピアノの音でって思うところが出てきます。こういう場合、ギターに弾いてもらうもんです。歌いながら違うフレーズをっての実力的に(;^ω^)難しいです。でもです、どうしても奏には、ピアノでないとっていうフレーズが、それも一番盛り上がる盛り上がりのサビあたりに一杯! 常田さんのそのままを弾くことはそもそも不可能な腕なので、歌いながら弾きやすい形に変えてなんとか入れ込んでみました。
スキマの半分は鍵盤弾きなんですねぇ。。実感しました。

稀に見るリピ練習した紫です。果たしてサビ、歌えるのか!歌いたい!

なにはともあれ、奏 素晴らしい曲です(^^)cover作業、幸せでした。

。。。とこれを書いている時に、2018のクリ約が放送なしってことが発表されてガーンってなってる紫でした。

オリジナルとカバー

ここ2年ほど、洋楽邦楽ともに好きな曲のカバーをする機会の多くなってきてるSola。カバー曲、楽しいです。昨日も、11月月いちライブ(@凸凹舎フリーライブゲスト参加)に向けて、カバーやってみてました。まー楽しい!良い曲は良いっ!

ところで、Solaって、思い返してみてほんとに結成当初からほとんどオリジナルしかやってきてないバンドでした。まぁ、数か月に1度ぐらいにスタジオに入るような時期が長く、その中で子供が生まれる前からの作りかけの曲が数曲あって。生活する中で曲は自然に生まれてくるものもあって。自然にそれが精いっぱいって感じだったんですね。

ここ数年でライブの話もするようになってきて、カバー曲もやってみようということになってきました。じゃぁ何するよ?ってなった時、ほんといっぱいありました。まぁこれまで生きてきて、音楽大好きで、様々な曲を聞いてきてるわけなので、歌ってみたい曲、演奏してみたい曲というのは、山のようにあるわけで。。。そんな中から、また何となく思いつくまま選んでカバーしているという今です。

カバー曲は超楽しいです。ゴールがあるしお手本があって真似ができる。好きな曲を集中して聴きこんで歌詞やフレージングを写していくと、今まで見えなかった新たな発見があったりします。また反対に、難しさを感じます。自分が感動したあの感じを少しでも出したいけどなかなか。。などなどです

そんな色々を、時々、ブログに書いていってみたいなぁとおもってます。

 

10/27(土)Song&Treat @凸凹舎

10/27(土) Song&Treat @凸凹舎

9月のHere Come the Autumnでお世話になったさくらプロデュースさんとアイーダさんが共同プロデュースの、ハロウィン企画Song&Treat @凸凹舎。お誘いただいた時に、カチューシャつけるぐらいで結構ですよと言われた仮装ですが、最終的には、魔女宅キャラやり切ってしまいました😆楽しかった~。solaだけかとおもったら皆さんもかなりガチ!見ごたえありました。🎃🎃🎃演奏もいつもと違う、なんだかわからない世界観に引きこまれました😅✨

この日は、ルー君も加わって、凸凹舎初4人のsolaでした。一回も練習に参加せず、カフォンほぼ未経験なのに平然となんとなく叩いて、チョコまで配って歩てて笑いました。仮装あるならめんどいから行かないとか言ってた割にパン屋さんハマってたしね。やっぱルーいないとね。仕事忙しいけどちょくちょく帰ってきてね。

ほんと、楽しかった♫そして、お料理超美味しかった❗️

アイーダさんまさよさん、良平さん、色々お気遣いありがとうございました。2回目あったらぜひまた😉

solaセットリスト
・優しさに包まれたなら
・Turn
・Stay
・虹になろう

10/20(土)凸凹舎フリーライブ -26年-

10/20(土)、凸凹舎フリーライブに参加しました。この日は、ゲストに花なりさんが来られて素晴らしい演奏に心地よく酔いました。花なりはVo.宮崎ユウさんGt.山本太郎さん+Per.吉見タイジさんののユニットです。宮崎ユウさんはボーカリストとしての他にも、南海放送のパーソナリティやでご存知の方も多いのではないでしょうか。

Solaは、かれこれ20年以上も前、宮崎ユウさんがパーソナリティをされていたラジオ番組に出演させていただいたことがあります。この時は、ムックがユウさんの昔のバンドのCDを持ってきていて、懐かしいお話に盛り上がりました。当時、Solaもオリジナル曲を自主制作のCDにまとめていて、そこから2曲ラジオでオンエアしていただいたと思います。自分たちの曲が公共電波に乗ったことがとても嬉しかったことをよく覚えています。

それから約20年。改めて、長い月日が、でもあっという間に過ぎたんだなぁと感じます。今までもこれからも、様々に過ぎていく、それぞれの時間を大切にしていきたいと思った、この日でした

solaのセットリスト
stay
kiss me (sixpence none the richer)
虹になろう