Man in the Mirror

Man In the Mirrorという歌についてちょっと書きます。

とらさんが韓国のギタリストSandoraBaeさんのギターアレンジに惹かれた事がきっかけで、Solaでこの歌を歌うことになったわけなんですけど。紫は「知ってはいるけど」。。ぐらいでした。マイケルジャクソンの原曲を聴き込むことで始めたカバーは、とても思い出深いものになったので、ここに書いておきます。

Man in the Mirrorはマイケルジャクソンの数多い歌の中でも、ワールドツアーのエンディングで何度も使われている、『巨大な』楽曲です。燦めくようなイントロから、慈愛に満ちた中盤を経て、サビに向けて心を揺さぶる歌唱が続き、最後は、マイケル以外では成り立たない長い壮大なゴスペルで、人の海と化した何万人が至福感に満ち溢れ号泣しながら絶叫(あるいは気絶)する、という歌です。そして「きっと自分は成し遂げられる」と誰もが強く思う。

私はこの歌を知ってはいましたが、聞き込んだのは初めてでした。

私は英語が全く喋れないので、英語の歌は、原曲に従うしかありません。音をそのまま覚えて写し取るので、何度も何度も聞かないと歌えないんです。去年からSolaでカバー曲を始めて、カーペンターズやバネッサカールトンなど、色々な歌を写してきましたが、この歌は別格。ものすごいものでした。

マイケルの素晴らしいフレージングを少しでも覚えたくて、集中して何度も聴き込んでいくと、途中から幸福感が突き上げてきてどうしようもなくなるの。ある土曜日にカバーを始めたんだけど、日曜日には泣きながらメンバーにLINE入れたりしてました。そのまま次の週末まで、仕事をしていても一週間幸福感が抜けなくて困ったものです。
マイケルジャクソンの歌の物凄さを、をいまさらながら思い知った紫でありました。まぁ、ほんとに、いまさら何を。。で、言うのも恥ずかしい事ですけれど。

で。。。実際には、マイケルの歌に寄せて歌うことは全くできずwww

Sandra Bae&Danya Jeoungのダンヤさんの無垢な素晴らしい歌を再度丁寧にコピーさせてもらって、その後やっと自分達歌にしようとしているのが今です。とらさんのギターとのアンサンブルもなにもかも、まだまだ課題だらけですが。

とにかく。。。。この歌を歌えることは。。。至福。。であります。

by紫

カテゴリーBlog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください