奏 /スキマスイッチ

Solaでカバー曲なにやる?って言い始めた一番最初に練習始めた曲の一つです。あんまり初めにやったんで、最近まで練習してることを忘れていたぐらい。

奏は確かとらさんが言い出して、紫もすぐいいね!って思った曲。スキマスイッチは、毎年欠かさず見ている小田和正さんの「クリスマスの約束」の常連さんで、私たちより少しだけ?(;^ω^)若い世代ですねっ。

スキマ、はっきり言って大好きです。Jpopの大道を行く名曲を当たり前のように作れるユニット。どの曲を聴いても、作りが非常にしっかりしていて聴きごたえがあります。転調の持って行き方などのコード進行も時々うなるし、生のストリングスを多用したアレンジが厚くて好きです。でもそれでいて親しみやすい。かといってどんどん変化もしていく面もすごくあるユニットで凄いです。(同意されないことが多いですが)男っぽい!ってのが私の印象です。

さて、奏cover作業しながらどうしてもこだわっちゃったのが以下2点です

  • 大橋トリル完コピ
  • 常田さんのピアノアレンジ絶対外せないとこ

スキマの大橋さんの歌。。可愛い目と鼻にかかった優しい声と美しいメロディで、意外と男っぽいのが特徴かな。しかししかし、なんといってもトリル!多用するちょっとした揺らしが魅力的で色っぽいんです。
世にたくさんある歌のほとんどの場合、こういう揺らしは、個人的なフレージングなので、モノマネでもしない限り、カバーするときはそこまでこだわらなくてもいいかなって思うんですがでも、大橋トリルは、真似ないと雰囲気が出ないっていうか、フレージングがうまくいかないんですね。なんで、大橋トリルは楽譜に書かれたギザギザと同じように考えて歌詞にメモして完コピ!楽しかった!

それとです。この曲は、ストリングスが厚いフルアレンジも、常田さんのピアノ一本のバージョンもどちらいいです。でもSolaでアコースティックで演奏できる形にするのにはやっぱりフルアレンジのものを聴いていきました。まぁ大体の場合、メンバーが適当に自分のパート適当に作ってくるってだけで合わせてみるんですけども。

紫が奏をカバーするのにあたって、時々聴こえてくるピアノフレーズで、どうしても欲しい!抜きたくない。それもピアノの音でって思うところが出てきます。こういう場合、ギターに弾いてもらうもんです。歌いながら違うフレーズをっての実力的に(;^ω^)難しいです。でもです、どうしても奏には、ピアノでないとっていうフレーズが、それも一番盛り上がる盛り上がりのサビあたりに一杯! 常田さんのそのままを弾くことはそもそも不可能な腕なので、歌いながら弾きやすい形に変えてなんとか入れ込んでみました。
スキマの半分は鍵盤弾きなんですねぇ。。実感しました。

稀に見るリピ練習した紫です。果たしてサビ、歌えるのか!歌いたい!

なにはともあれ、奏 素晴らしい曲です(^^)cover作業、幸せでした。

。。。とこれを書いている時に、2018のクリ約が放送なしってことが発表されてガーンってなってる紫でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください