2020/7/14 kicorish presents 火キガタリティ @風来坊

7月は、今できる限りの感染症対応したうえで、2つライブを開催できました。どちらも人数を制限して。来ていただいた方本当にありがとうございました。様々な思いはありますが、とにかく、今できてよかった。

7月14日(火) kicorish presents  火キガタリティ @風来坊

以前から、素晴らしい曲を書き、沁みる歌を歌い、美しいギターを弾く方だなあとリスペクトしてたキコリッシュさん。

 

キコリッシュさんが定期的に開催しているこの企画の3月の回に誘っていただいて、とても嬉しかったのですけど、直前でコロナ禍が始まってしまって。

コロナ禍が本格的に始まって、生活全般が変わり始めてました。社会全体にこれからどうなるんだろうって先の見えない不安が広がってました。

あれから4か月。

出演を取りやめた次の日、オレンジ色のリネンの夏用のワンピースが届いたんですよね。すごく気に入って、風来坊さんでキコリッシュさんと夏にライブができたらこれ着よう!って思ってね。

今回そのワンピースを着てキコリッシュさんと一緒にステージに立てて、本当に良かった。

相変わらず、キコリッシュさんの歌は良かった。新曲 「中年少女」すっごい良かった。「死にたいといわれたなら」とかでも改めて思ったけど、キコリッシュさんの歌は、みんなが言葉にできずにいてモヤモヤしてることを、明確に言葉にして納得できる形にしてくれるなぁ。そんで、聴いた後すこし時間をおいてなにか変わるような気がする歌。

それと、そういう曲とちょっと一線を画す曲ですが、「概して深縹」今回も歌ってくれたんですけど、この曲私ほんと好き。

さて私です。歌い始めはすっごく緊張しました足が震えるぐらい。私、緊張すればするほど笑ってしまうことに最近気が付いたんですけど。「笑顔が素敵でした」と言ってくださった方いて嬉しかったですが、後で動画みてちょっと笑いすぎやと思いました。

ということで演奏自体は反省が山の様にありますが、初めての風来坊さんもお客様もとてもあったかくて、だんだんリラックスできて、心地よく歌うことができました。。

そして、最後、キコリッシュさんの「シアワセナウタ」のコラボ。。。

コードも重ねるメロディも歌詞もとても深くて大好きです。。また、一緒に演奏できる機会があったらうれしいなぁ。。

 

聴いていただいた皆様、キコリッシュさん、そして風来坊さん、本当にありがとうございました。

 

***紫SETLIST***

・あした春が来たら/松たかこ
・loving  you /Minnie Riperton
・Rainy Days And Mondays /Carpenters
・竹田の子守歌 
・Woman /薬師丸ひろ子
・Moon/Sola
・SweetMemroies /松田聖子
・虹になろう /Sola
encore Close To You /Carpenters

※キコリッシュさんとのコラボでPiano シアワセナウタ/kicorish

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください