奏 /スキマスイッチ

Solaでカバー曲なにやる?って言い始めた一番最初に練習始めた曲の一つです。あんまり初めにやったんで、最近まで練習してることを忘れていたぐらい。

奏は確かとらさんが言い出して、紫もすぐいいね!って思った曲。スキマスイッチは、毎年欠かさず見ている小田和正さんの「クリスマスの約束」の常連さんで、私たちより少しだけ?(;^ω^)若い世代ですねっ。

スキマ、はっきり言って大好きです。Jpopの大道を行く名曲を当たり前のように作れるユニット。どの曲を聴いても、作りが非常にしっかりしていて聴きごたえがあります。転調の持って行き方などのコード進行も時々うなるし、生のストリングスを多用したアレンジが厚くて好きです。でもそれでいて親しみやすい。かといってどんどん変化もしていく面もすごくあるユニットで凄いです。(同意されないことが多いですが)男っぽい!ってのが私の印象です。

さて、奏cover作業しながらどうしてもこだわっちゃったのが以下2点です

  • 大橋トリル完コピ
  • 常田さんのピアノアレンジ絶対外せないとこ

スキマの大橋さんの歌。。可愛い目と鼻にかかった優しい声と美しいメロディで、意外と男っぽいのが特徴かな。しかししかし、なんといってもトリル!多用するちょっとした揺らしが魅力的で色っぽいんです。
世にたくさんある歌のほとんどの場合、こういう揺らしは、個人的なフレージングなので、モノマネでもしない限り、カバーするときはそこまでこだわらなくてもいいかなって思うんですがでも、大橋トリルは、真似ないと雰囲気が出ないっていうか、フレージングがうまくいかないんですね。なんで、大橋トリルは楽譜に書かれたギザギザと同じように考えて歌詞にメモして完コピ!楽しかった!

それとです。この曲は、ストリングスが厚いフルアレンジも、常田さんのピアノ一本のバージョンもどちらいいです。でもSolaでアコースティックで演奏できる形にするのにはやっぱりフルアレンジのものを聴いていきました。まぁ大体の場合、メンバーが適当に自分のパート適当に作ってくるってだけで合わせてみるんですけども。

紫が奏をカバーするのにあたって、時々聴こえてくるピアノフレーズで、どうしても欲しい!抜きたくない。それもピアノの音でって思うところが出てきます。こういう場合、ギターに弾いてもらうもんです。歌いながら違うフレーズをっての実力的に(;^ω^)難しいです。でもです、どうしても奏には、ピアノでないとっていうフレーズが、それも一番盛り上がる盛り上がりのサビあたりに一杯! 常田さんのそのままを弾くことはそもそも不可能な腕なので、歌いながら弾きやすい形に変えてなんとか入れ込んでみました。
スキマの半分は鍵盤弾きなんですねぇ。。実感しました。

稀に見るリピ練習した紫です。果たしてサビ、歌えるのか!歌いたい!

なにはともあれ、奏 素晴らしい曲です(^^)cover作業、幸せでした。

。。。とこれを書いている時に、2018のクリ約が放送なしってことが発表されてガーンってなってる紫でした。

オリジナルとカバー

ここ2年ほど、洋楽邦楽ともに好きな曲のカバーをする機会の多くなってきてるSola。カバー曲、楽しいです。昨日も、11月月いちライブ(@凸凹舎フリーライブゲスト参加)に向けて、カバーやってみてました。まー楽しい!良い曲は良いっ!

ところで、Solaって、思い返してみてほんとに結成当初からほとんどオリジナルしかやってきてないバンドでした。まぁ、数か月に1度ぐらいにスタジオに入るような時期が長く、その中で子供が生まれる前からの作りかけの曲が数曲あって。生活する中で曲は自然に生まれてくるものもあって。自然にそれが精いっぱいって感じだったんですね。

ここ数年でライブの話もするようになってきて、カバー曲もやってみようということになってきました。じゃぁ何するよ?ってなった時、ほんといっぱいありました。まぁこれまで生きてきて、音楽大好きで、様々な曲を聞いてきてるわけなので、歌ってみたい曲、演奏してみたい曲というのは、山のようにあるわけで。。。そんな中から、また何となく思いつくまま選んでカバーしているという今です。

カバー曲は超楽しいです。ゴールがあるしお手本があって真似ができる。好きな曲を集中して聴きこんで歌詞やフレージングを写していくと、今まで見えなかった新たな発見があったりします。また反対に、難しさを感じます。自分が感動したあの感じを少しでも出したいけどなかなか。。などなどです

そんな色々を、時々、ブログに書いていってみたいなぁとおもってます。

 

10/27(土)Song&Treat @凸凹舎

10/27(土) Song&Treat @凸凹舎

9月のHere Come the Autumnでお世話になったさくらプロデュースさんとアイーダさんが共同プロデュースの、ハロウィン企画Song&Treat @凸凹舎。お誘いただいた時に、カチューシャつけるぐらいで結構ですよと言われた仮装ですが、最終的には、魔女宅キャラやり切ってしまいました😆楽しかった~。solaだけかとおもったら皆さんもかなりガチ!見ごたえありました。🎃🎃🎃演奏もいつもと違う、なんだかわからない世界観に引きこまれました😅✨

この日は、ルー君も加わって、凸凹舎初4人のsolaでした。一回も練習に参加せず、カフォンほぼ未経験なのに平然となんとなく叩いて、チョコまで配って歩てて笑いました。仮装あるならめんどいから行かないとか言ってた割にパン屋さんハマってたしね。やっぱルーいないとね。仕事忙しいけどちょくちょく帰ってきてね。

ほんと、楽しかった♫そして、お料理超美味しかった❗️

アイーダさんまさよさん、良平さん、色々お気遣いありがとうございました。2回目あったらぜひまた😉

solaセットリスト
・優しさに包まれたなら
・Turn
・Stay
・虹になろう

10/20(土)凸凹舎フリーライブ -26年-

10/20(土)、凸凹舎フリーライブに参加しました。この日は、ゲストに花なりさんが来られて素晴らしい演奏に心地よく酔いました。花なりはVo.宮崎ユウさんGt.山本太郎さん+Per.吉見タイジさんののユニットです。宮崎ユウさんはボーカリストとしての他にも、南海放送のパーソナリティやでご存知の方も多いのではないでしょうか。

Solaは、かれこれ20年以上も前、宮崎ユウさんがパーソナリティをされていたラジオ番組に出演させていただいたことがあります。この時は、ムックがユウさんの昔のバンドのCDを持ってきていて、懐かしいお話に盛り上がりました。当時、Solaもオリジナル曲を自主制作のCDにまとめていて、そこから2曲ラジオでオンエアしていただいたと思います。自分たちの曲が公共電波に乗ったことがとても嬉しかったことをよく覚えています。

それから約20年。改めて、長い月日が、でもあっという間に過ぎたんだなぁと感じます。今までもこれからも、様々に過ぎていく、それぞれの時間を大切にしていきたいと思った、この日でした

solaのセットリスト
stay
kiss me (sixpence none the richer)
虹になろう

miwako happy live vol2  2018.10.6

2018.10.6 シンガー美和子の2回目のソロライブ
miwako happy live vol2
にO.A.として参加させていただきました。
告知から数時間でSoldOutの満員のお客様に緊張!でもすっごく暖かかったです。シングアウトの隅田マスター、凸凹舎の良平さん、ヨシミタイジさんとの共演は、なかなか出来ない幸運な体験でした。いやーーほんとに楽しかった♬ほんとにほんとにありがとうございました。

 美和子ちゃんとは、去年の9月双海のシーサイドのライブで会いました。オオガスタジオさんに声掛けしてもらったこのライブは、SOLAにとって20年ぶりでした。それからほぼ1年、OAとして一緒にステージで演奏できたこと、ほんとに幸せに思います。

抱擁力を感じる美しい歌声と丁寧に準備された楽しいMC、ファンの方との愛情あふれるやりとりが会場を満たしている素晴らしいライブでした。

  今回一番感じたことは、シンガー美和子が、お客さん一人一人に自分の歌を届けようとする真剣な思いです。歌を届けられた人は、みんな美和子のファンになって、また聴きにきたいと思う。。
美和子ちゃんは、本物の「歌う人」なのですね。今回それを近くで見られたことはほんとに貴重な体験でした。シンガー美和子には、もっともっとたくさんの人に、歌を届けてほしいし、きっとそうなっていくだろうと思います。

さてさて。。

私たちSOLAは、結構長い間自分たちだけで音楽を作ってきました。無理せず、ゆるゆる、でも、それなりに真剣に。。で、気が付いたら20年もたってたんです。いろいろあったけど常に音楽がそばにあってとても幸せな時間だった。でもね。。

うん。SOLAも歌おう。
紫も歌を歌おう
と、思いました。

 。。。。。。あんなに沢山のことを感じたライブですが、一週間たってもやっぱりあんまり言葉にはできませんね。。

そうそう、当の演奏は。。そうとう緊張しちゃって、反省点いっぱい。でも、そんなことはもういいの!

セットリスト(Solaのみ)

・ユリノキ
・Man in the mirror.
・A Thousand Miles.
・Everything(Miwako & Yukari)
・虹になろう
・上を向いて歩こう(encore with all cast)

Here Come the Autumn!! Vol.2 2018.09.23

9/23 にシングアウトで行われた
「Here Come the Autumn!! Vol.2」( さくらプロデュース )
に参加しました。
Solaのセットリストは
・ユリノキ
・Man in the mirror
・A thousand Miles
・青のかたち 

出演は 
・松本昭
・スマイルズ
・Sola
・サンドラーズ
・Buttery
・楽音工房
        (敬称略)
の皆さん。

すべて素晴らしい演奏ばかり。昭さんの歌声には特別なものを感じるし、スマイルズさんの3台の弦楽器の音が編まれて輝いていくのが見えるようだったし、サンドラーズさんの「ウイスキーはお好きでしょん」はもう一回絶対聞かないといけないし、ButteryさんのボーカルのすごさとBassの幸福感。。楽音工房さんは噂通りの完成されたバンドサウンドと、ボーカルの涼子さんの素晴らしい歌。。ぜひまた聴きたい演奏でした。
 打ち上げで、楽音工房さんは、松前町の子育て支援センターの企画で結成されたとのことをお聞きしました。実は今日、Solaが初めて演奏した「青のかたち」は、紫の当センターの育児サークルでの体験がもとになっているの歌なのです。なんだかご縁を感じて感慨無量になりました。

今回のライブでは、初めてさくらプロデユースさんの企画に参加させてもらったのですが、心のこもった運営でした。また参加させてくださいね。

最後に、今日演奏したライブハウスのSingoutさん。今日もすべての演奏を何倍にも良いものにしてくれた素晴らしい音響に感動でした。また演奏させてくださいね。。

本当に楽しかった「Here Come the Autumn!! Vol.2」でした♬

青のかたち (ちょっとだけ)

 

月いちライブ 7月 マーテルアイ

7/21(土) マーテルアイさんのフリーライブに参加してきました。
 マーテルアイさんにお邪魔してきました。前々から、一度伺ってみたかったマーテルアイさんですが、なかなか機会がなくやっと。

お店に入るとすぐに、落ち着いた品が感じられます。お料理も噂通りのおいしさでした!演奏は3人とも固くなってしまったところはありましたが、温かい雰囲気で迎えていただきとても楽しかったです。

Man in the Mirror

Man In the Mirrorという歌についてちょっと書きます。

とらさんが韓国のギタリストSandoraBaeさんのギターアレンジに惹かれた事がきっかけで、Solaでこの歌を歌うことになったわけなんですけど。紫は「知ってはいるけど」。。ぐらいでした。マイケルジャクソンの原曲を聴き込むことで始めたカバーは、とても思い出深いものになったので、ここに書いておきます。

Man in the Mirrorはマイケルジャクソンの数多い歌の中でも、ワールドツアーのエンディングで何度も使われている、『巨大な』楽曲です。燦めくようなイントロから、慈愛に満ちた中盤を経て、サビに向けて心を揺さぶる歌唱が続き、最後は、マイケル以外では成り立たない長い壮大なゴスペルで、人の海と化した何万人が至福感に満ち溢れ号泣しながら絶叫(あるいは気絶)する、という歌です。そして「きっと自分は成し遂げられる」と誰もが強く思う。

私はこの歌を知ってはいましたが、聞き込んだのは初めてでした。

私は英語が全く喋れないので、英語の歌は、原曲に従うしかありません。音をそのまま覚えて写し取るので、何度も何度も聞かないと歌えないんです。去年からSolaでカバー曲を始めて、カーペンターズやバネッサカールトンなど、色々な歌を写してきましたが、この歌は別格。ものすごいものでした。

マイケルの素晴らしいフレージングを少しでも覚えたくて、集中して何度も聴き込んでいくと、途中から幸福感が突き上げてきてどうしようもなくなるの。ある土曜日にカバーを始めたんだけど、日曜日には泣きながらメンバーにLINE入れたりしてました。そのまま次の週末まで、仕事をしていても一週間幸福感が抜けなくて困ったものです。
マイケルジャクソンの歌の物凄さを、をいまさらながら思い知った紫でありました。まぁ、ほんとに、いまさら何を。。で、言うのも恥ずかしい事ですけれど。

で。。。実際には、マイケルの歌に寄せて歌うことは全くできずwww

Sandra Bae&Danya Jeoungのダンヤさんの無垢な素晴らしい歌を再度丁寧にコピーさせてもらって、その後やっと自分達歌にしようとしているのが今です。とらさんのギターとのアンサンブルもなにもかも、まだまだ課題だらけですが。

とにかく。。。。この歌を歌えることは。。。至福。。であります。

by紫

月いちライブ 6月 〜2018/6/30 凸凹舎音楽祭 at SingOut〜

Solaの今月の月いちライブは

凸凹舎音楽祭にエントリーさせていただきます!

日時:2018/06/30 19:00~

場所:Sing Out(https://ameblo.jp/singout/)

場所は凸凹舎さんと同じビルの地下にあるSingOutさん。

音楽好きの楽園の佇まいと、なによりその音質のレベルの高さにびっくりさせられます。ほんと。。

今回も、どらむのるーくんが入れそうにないので、3人で。

演奏する曲は

Man In the Mirror をリズムをきっちり刻めるように

それとオリジナルの『らくだ』を久し振りに合わせられたらいいなぁ。。

あと一曲は何にしようかな。。とか思っております。

もしよかったら聴きにいらしてくださいませ。

さてさて。それにしても。。。

Man In the Mirrorという歌について、次にちょっと書きます。